ネパールの地震、被害者1800人以上

  • 25日にネパールでマグニチュード7.8の地震が起きた
  • 1800人以上の死亡が確認
  • 日本の救助チームが26日午後出発

ネパール地震
画像:NHKニュース

ネパールで25日起きたマグニチュード7.8の地震は、ネパールからインド北部にかけての広い範囲で強い揺れが観測されました。

多くの住宅や歴史的建造物が倒壊、被害が大きかった首都のカトマンズではいまだ救出活動が続けられています。

警察の発表によるとこれまで1806人の死亡が確認されているという事です、そして隣国のインドや中国でも死者が出るなど、被害が広がっています。

難を逃れた人々たちは余震がつづくなか、公園や広場などで毛布を持ち寄り夜を明かしたそうです。

一方エベレストでは地震によって雪崩が発生し登山者のベースキャンプを襲い18人が死亡したとという事です。

エベレスト周辺では1000人以上の登山者及び旅行者も大勢いるという事ですが、日本人の被害の情報は今のところないようです。

日本政府は26日午後に70人からなる国際緊急援助隊の救助チームを派遣を決定。
成田空港からチャーター機で日本を出発し、現地に向かいます。

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ