窪塚洋介がマーティン・スコセッシ監督の最新映画に出演!!

sponsored link

俳優の窪塚洋介がマーティン・スコセッシ監督の最新映画「Silence(原題)」出演とのことです!

このところぱっとしない窪塚洋介さんですがやりましたね~!
そして「Silence(原題)」の原作は遠藤周作の小説「沈黙」、

沈黙 (遠藤周作)
江戸時代初期のキリシタン弾圧の渦中に置かれたポルトガル人の司祭を通じて、神と信仰の意義を命題に描いた。
Wikipedia

沈黙 (新潮文庫)

 

「沈黙」は今でこそ13ヶ国語に翻訳されていますが、

カトリック教会から大きなバッシングを受けて、長崎や鹿児島では禁書になった問題作だったそうなんです。

今でも理解され難い部分はあるようですね。

 

マーティン・スコセッシ監督が「沈黙」を映画化するという噂は1990年代からあったそうで、

撮影開始と報じられたものの、延期になったりして映画の製作会社から訴えられたりという事もありました。

大人な事情を乗り越えやっと台湾で撮影が始まったそうです。

窪塚洋介の役柄は主人公・若き宣教師の案内役、日本人のキチジロー。

この役はのちに宣教師を裏切るという役どころ。

 

窪塚さんは出演に関してツイッター上で

「数年に及ぶオーディションを勝ち抜きまして、ハリウッド映画に初出演となり、年初から台湾にいますた」

「光栄にもキチジローという大役授かりまして、役者冥利に尽きまくる日々を過ごしてます」

とハリウッドデビューすることを明かしました。

主演・ロドリゴ役は『アメイジング・スパイダーマン』のアンドリュー・ガーフィールドさん
ロドリゴ通訳の日本人に、浅野忠信さん
井上筑後守役に、イッセー尾形さんが出演します。

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ