映画『脳内ポイズンベリー』あらすじ

原作は水城せとなさんの漫画『脳内ポイズンベリー』です。

公開日は2015年5月9日

 

▼あらすじ

年下のイケメン君、早乙女に恋をしたアラサーのいちこ。

いちこの頭の中では

理性・ポジティブ・ネガティブ・衝動・記憶

の感情達が脳内で会議をして行動を決定しています。

早乙女に話しかけたほうがいいか、脳内会議が行われ結論は声をかけると決定。

いちこは勇気を出して声をかけます。

脳内会議では今までの記憶の中から会話の糸口をさがします。

いちこと早乙女は話の流れから牛丼屋に行くことになり、

そのあとは掃除をするという体で彼の部屋にまで押しかけ、肉体関係を結びます。

その時、脳内では謎の女が登場しみんなを眠らせていました。

 

やがて2人は付きあうことになるのですが、

いちこが30歳と知って、早乙女の「ないわ~」の言葉にショックを受けているところへ

早乙女の元カノ登場!

一方いちこには「結婚前提で付き合う?」と言う男性があらわれ

揺れる女ごころ・・・

 

いちこの恋の行方はいかに?

 

いままでにないラブコメですね!

クールな役どころの多かった真木よう子さんが

優柔不断なアラサー役なんて想像できなかったです(*´Д`)

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ